美容と健康に関するチョット気になる話を、確かな情報をもとにお伝えします。

気になる美容と健康の話

たるみ毛穴・シワ・たるみにコラーゲンケア

更新日:

たるみ毛穴、シワ、たるみの原因

真皮の繊維の老化

たるみ毛穴、シワ、たるみにはコラーゲンケア
すべてコラーゲンやエラスチンなど
真皮の繊維の老化が、毛穴、シワ、たるみの原因です。

何年も、何十年もかけて減ったコラーゲンや
エラスチンを増やすという事は
口で言うほど簡単ではありません。

80歳になると
コラーゲン量は20歳時の1/3に減少します。

ケアを始めて数カ月で毛穴が引き締まったり
シワが消えるという事は、まずありませんが
放っておけば、間違いなく衰えていくでしょう。

それを多少なりとも食い止めるためには
地道なケアが必要です。

その地道なケアには
コラーゲン・エラスチン強化4点セットが有効です。

 

スポンサーリンク

コラーゲンエラスチン強化4点セット

コラーゲンとエラスチンを強化するために
ケアの代表的なものとして、以下の4つを覚えておきましょう。

この4点セットはたるみ毛穴、シワ、たるみに共通のケアです。

ピーリング

化学的に角質を除去するピーリングは
代謝を高め、肌全体の若返り効果をもたらします。

ホームピーリングをする場合は
洗い流すタイプのピーリング化粧品を選びましょう。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体化粧品+イオン導入

リン酸型(リン酸アスコルビン)
もしくはAPPSと呼ばれるタイプのビタミンC誘導体が
シワや毛穴に有効です。

化粧水に配合されたものがオススメです。

ビタミンC誘導体配合の化粧水を使って
イオン導入するとさらに効果的です。

 

レチノール

レチノールは、ビタミンAの一種で
真皮の繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンを増やします。

コラーゲンを増やす作用があるため
目元の小じわ用美容液などによく使われています。

しわ対策用の化粧品は無数にあり
さらに毎年、新しい成分などが開発されています。

それでも、皮膚科学的に評価の高いシワ治療成分は
ここ30年以上変わらずレチノイン酸です。

同じ種類の成分でレチノイン酸がありますが
こちらの方が効果が高く、美容皮膚科などで入手できます。

 

ナイアシン(敏感肌向き)

ナイアシンは、ビタミンB3のことで
抗酸化作用やコラーゲンを増やす作用があります。

毛穴や小じわ対策として最近注目されている成分で
化粧水や美容液に配合されています。

肌の潤いをます作用もあり
乾燥が気になる人にも良いでしょう。

痛みに強い誘導体よりも刺激が少ないので
敏感肌でも使いやすいのもメリットです。

 

スポンサーリンク

まとめ

コラーゲン・エラスチンを強化する4点セット

  • ピーリング
  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • ナイアシン

 

コラーゲン・エラスチンの強化も大切ですが
今あるものを少しでも減らさないようにする
生活習慣も大切です。

コラーゲン・エラスチンの老化を促進させるもの6点セット

  • 紫外線
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 喫煙
  • 強いマッサージなど、皮膚を引っ張ること
  • 無理なダイエット

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 気になる美容と健康の話 , 2020 All Rights Reserved.