ムダ毛処理のトラブルに悩んだら永久脱毛

永久脱毛は永久に生えない?

「永久脱毛を受ければ、本当に毛が一生、生えてこないのですか」と心配する方もいます。

永久脱毛は
医療機関やエステティックサロンなどでおこなわれていますが
きちんとした永久脱毛を受ければ、毛はもう生えなくなります。

自己処理の必要がなくなりますので
カミソリ負け毛嚢炎(もうのうえんや)などともサヨナラできます。

肌が弱くて、剃っても抜いても
どんどんシミができるような人には
永久脱毛を受けるのも、よい選択かもしれません。

 

永久脱毛の方法

永久脱毛には、大きく分けて
「レーザ-脱毛」と「電気脱毛」の2種類があります。

痛みは少ないが肌質を選ぶ「レーザー脱毛」

レーザ脱毛は、レーザーの光で毛と一緒に毛母細胞を焼く脱毛法です。

そのの利点は、電気脱毛に比べて、痛みは少なく、脱毛を受ける前に、毛を伸ばさなくてよいところです。

医療用のレーザー機器は、医師でないと扱うことはできません。

レーザー脱毛の原理

脱毛の原理は
毛に含まれるメラニン色素だけが吸収して
他の皮膚などが吸収しない光をレーザーで照射します。

照射する光エネルギーの大きさは
メラニン色素が発熱して、毛乳頭や毛母細胞が
破壊するレベルのエネルギーです。

ミクロで見れば毛穴の中の周囲では
やけどが起きているのと同じだという事を
頭に入れておく必要があります。

ですから、痛みがないということは有りません。

毛が太いほど
吸収するエネルギーが大きいので
発熱量も大きくなり、痛みも大きくなります。

レーザー脱毛の回数を重ねて毛が細くなると
痛みが少なくなるというのは、毛が細くなって
吸収するエネルギーが小さくなるからです。

レーザー脱毛の間隔を決める2つの条件

休止期に入っている毛母細胞には
毛がありませんから、毛母細胞を破壊することはできません。

休止期が終わって
成長期に入ったところで
レーザーを照射する必要があります。

しかし、この時に、前回照射した部分の皮膚が
回復していないうちに、レーザー照射をすると
皮膚のトラブルが起きることがります。

このように、レーザーを照射する間隔は
毛周期と皮膚の回復状況の両方を見て行う必要があります。

 

色の黒い人・日焼けした人は要注意

レーザー光とはいえ
ピンポイントで毛だけを照射できないので
皮膚にもレーザー光が当たります。

もともと色の黒い人や日焼けした人は
皮膚のメラニン色素が多いですから、レーザー光が当たると
やけどをしやすいので、避けた方が良いでしょう。

レーザー脱毛の現状

ここ10数年ほどで人気の出てきたレーザー脱毛は
日本においては比較的新しい技術です。

実は完全に永久脱毛できるといい切れるレベルまでは
技術が及んでいないのが現状です。

これは、日本人におこなう場合
「レーザーを強く当てればやけどをする、弱く当てれば毛が減らない」
という問題があるからです。

肌質の条件が合えば、よい結果がえられ、
数回、レーザー脱毛をおこなったあと、
何年にもわたってほとんど生えないというケースもあります。

どちらにせよ、レーザー脱毛をおこなう側も、
手探り状態でおこなっていることを理解しておきましょう。

時間はかかるが1本残らず抜ける「電気脱毛」

電気脱毛は
一本一本毛根に、針で電気を通して毛包を壊す方法で
レーザー脱毛よりも、かなり歴史の古い脱毛法です。

痛みはレーザー脱毛より若干強く、時間がかかるのと
毛をある程度伸ばさないといけないのが難点ですが
1本残らずなくすことができます。

また、敏感肌、アトピー性皮膚炎、日焼けしている人など
肌質を選ばないのがよいところです。

まとめ

レーザー脱毛と電気脱毛のどちらをするにしても
どんなトラブルがあるか分かりません。

はじめから高額の契約や2年間フリーパスと
いった契約をすることは避けましょう。

脱毛を受ける間隔は
毛周期と皮膚のダメージの回復程度で決まります。

レーザーで受ける皮膚のダメージは
照射するレーザーの種類やエネルギーとあなたの肌質で決まります。

フリーパスなら
毛が生えたら脱毛をしに行きたくなるのは人情です。

いとど起きた真皮の炎症は
2年くらい残ることがあるので
慎重に受ける必要があります。

毎回、医師が皮膚の状態を観察しながら
脱毛プランを立てるやり方が、よい方法です。

 

永久脱毛を考えているのなら
お近くの湘南美容外科クリニックで
医師のカウンセリングが受けられます。

⇒ 申し込みはこちら

© 2020 気になる美容と健康の話