豆乳ローションがムダ毛を抑制する秘密とは!

大豆

豆乳で作ったローションが、
本当にムダ毛に効果があるのか
疑問に思いませんでしたか?

「効き目があるのなら使ってみたい」

  • カミソリを使うのが怖くて仕方がない
  • 高校生のためあまりお金がありません
  • ムダ毛をカミソリで剃ったのですが、とてもチクチクして嫌です

カミソリを使わなくて済むのなら、そうしたいし、
学生さんでなくても、あまりお金をかけない
ムダ毛対策の方法があれば、利用したいですよね。

実は、豆乳から作った豆乳ローションは、
ムダ毛の抑制に効果あるという声が多いのです。

でもこれは、決して偶然ではなく、チャンと理由があります。

豆乳ローションに含まれる様々な有効成分のおかげで、
このような効果が表れていると言えます。

ムダ毛が薄くなったという声だけでなく、
肌に透明感が出てきた。

肌がしっとりとしてきた。

シミが目立たなくなった。

などいろいろな美肌効果を、
実感された人たちの声もたくさんあります。

 

豆乳ローションムダ毛抑制の秘密は65℃の加熱とレモン果汁!

豆乳ローションが大きなブームになったのは、
TV や雑誌などマスコミで取り上げられたからだけではありません。

豆乳ローションを作ったり、購入したりして、
実際に使った人の体験が、口コミなどを通じて広まった結果、
世の中で、豆乳ローションブームが起こったのです。

ブームになるほど、
多くの方にムダ毛抑制の効果を感じてもらっている、
豆乳ローションの秘密は何なのでしょうか?

「脱毛クリームなど色々試したけれど、
こんなに綺麗になったことはない」
という人がいるのは、一体なにが違うのでしょうか?

豆乳ローションの効果の秘密は、もちろん、材料である豆乳にあります。

秘密の種明かしは大豆イソフラボン!

数ある豆乳の成分の中でも、
特に優れたパワーを発揮するのは、
他ならぬ大豆イソフラボンです。

イソフラボンとは、
天然植物だけに存在するフラボノイドという物質の一種で、
大豆、葛(クズ)などのマメ科の植物に多く含まれています。

イソフラボンは、特に大豆胚芽に多く含まれてい物質ですが、
特徴的なのは、女性ホルモンの一つ、
エストロゲン(女性ホルモン)様の作用をすることです。

つまり、エストロゲンと構造が似ているイソフラボンは、
体のなかではエストロゲンと同じような働きをするということです。

エストロゲンは更年期障害や骨粗しょう症、
乳がんなどと関係が深く、これらの症状が話題になるとき、
よく名前を聞く女性ホルモンです。

余談ですが、イソフラボンの摂取と骨粗鬆症とは、
有意な関係がないという研究結果が、
日本とアメリカで発表されています。

しかし、尿の中のイソフラボンが多い人は、
骨密度が高いという傾向があるそうです。

何か不思議ですね。

そのため、いろいろな健康への効果が期待され、
今、健康食品の分野などでも、大いに注目を集め、
イソフラボンのサプリメントも発売されています。

ただ、イソフラボンを利用したサプリメントなどは
たくさん発売されています。

豆乳を原料にしたローションなども出回っていましたが、
ムダ毛に効用があると言うものは、
これまでありませんでした。

というのも、豆乳からローションを
手作りするときのプロセスに、
その秘密があるのです。

加熱の過程でイソフラボンが活性化イソフラボンに

手作りローションを作るプロセスで、
豆乳を65度まで加熱します。

そのあと加える、レモン果汁のクエン酸によって
大豆たんぱくを除去するという過程の中で、
新しく活性化イソフラボンが生まれているのです。

この活性化イソフラボンこそ、
無駄毛をやっつけるパワーの源になっているです。

新しい活性化イソフラボンは、
これまでに知られている何種類かのイソフラボンに比べて、
ホルモンとして非常に取り込まれやすい、吸収しやすいのが特徴です。

それは、例えば味つき、
イソフラボンとでも言ったらよいでしょうか.

細胞が好んで取り入れてしまうイソフラボンです。

細胞が好んでとりいれるということは、
それだけ吸収しやすいということです。

つまり、肌に塗った時、
皮膚の細胞がこのイソフラボンを良く吸収し、
本来持っている力が出しやすいということになります。

イソフラボンに秘められていた体毛を
コントロールするという能力が、この活性化によって、
活躍の機会を得られたのです。

これが、今まで、イソフラボンが注目されているにもかかわらず、
クローズアップされることのなかった
ムダ毛抑制のパワーの秘密なのです。

 

まとめ

豆乳ローションのムダ毛抑制の秘密は、
「豆乳を65℃に温め、レモン果汁のクエン酸を
加えて大豆たんぱくを除く」

という手作りのプロセスで生まれる
活性化イソフラボンでした。

活性化する前のイソフラボンに比べて、
女性ホルモンと同様の作用が期待できる活性化イソフラボンなら、
ムダ毛だけでなく、バストアップなどにも効果が期待できそうですね。

豆乳イソフラボンの化粧水がムダ毛に作用する4つの効果

 

© 2020 気になる美容と健康の話