美容と健康に関するチョット気になる話を、確かな情報をもとにお伝えします。

気になる美容と健康の話

ムダ毛処理はカミソリ?電気シェーバー?

投稿日:

毛を剃ることを「剃毛」といいます。

剃毛は、毛を引きちぎる抜毛よりは
肌への負担は少なく、時間も費用もかからず
手軽なのが最大のメリットです。

しかし、カミソリ負けなどのトラブルを
起こすこともよく知られています。

カミソリ負けを防ぐためには
まずは肌に合ったカミソリを選ぶことです。

 

安全カミソリか電気シェーバーか

安全カミソリの選び方

カミソリには、T字型をした「安全カミソリ」と
電気式の「電気シェーバー」の2種類があります。

安全カミソリは、女性用のものを選んでください。

男性用のカミソリの方が
よく剃れると思われがちですが
男性用はヒゲそり用で、それに使いやすいように作られています。

女性用は、ボディ(ムダ毛処理)用で
首振り角度が大きい、軽い、角が丸くできているなど
ムダ毛処理がやりやすいように、作られています。

横すべりして肌が傷つかないようにした安全ガード付
すべりをよくするためのコーティングをしたものもあります。

電気シェーバーを選ぶときの注意

電気シェーバーは、肌に刃が直接当たらない構造ですから
カミソリ負けや肌荒れの心配が少なく
肌への当たりも優しいのが特徴です。

刃が表に出ていないので
扱いが簡単でよいのですが
剃りが浅いので、残った毛が目立ちやすいです。

剃った後のツルツル感は、カミソリに敵いません。

安全カミソリと電気シェーバーのどちらを選ぶ

安全カミソリと電気シェーバーの
どちらを選ぶかは、自分の肌で試してから決めましょう。

安全カミソリで剃ったあと
乾燥してかゆくなるという人は
電気シェーバーを選んだ方がよいようです。
スポンサーリンク

安全カミソリの使い方

両腕と両足を剃ったら刃を替える

安全カミソリには
使い捨てものと替え刃式のものがありますが
替え刃式のほうが刃の質がよいようです。

刃はこまめに変えたほうが
当然肌への負担は少なくなりますが
刃を変える頻度が多ければ、費用もかかります。

できるなら、両腕と両足をひととおり剃ったら
刃を替えるくらいがよいでしょう。

「そんな簡単に替えるんですか」といわれますが
刃というのは結構、傷むものです。

刃が傷んでくると
ギザギザになって皮膚に余分な傷がつきますし
切れないために、余計な力が入ってしまうものです。

よく切れる上質の刃ですべらすように剃るのがコツ

よく切れる上質の刃を
肌の上ですべらすように剃るのが
もっとも肌に負担をかけない剃り方です。

少なくとも
切れ味が悪くなってきたカミソリを
無理に使うのはやめましょう。

剃毛する時は、石けんか乳液などを
あらかじめ塗っておくと、刃のすべりがよくなって
スムースに剃れるようになります。

逆剃りは肌を傷めますので、ほどほどにします。

そして毛を処理するときのルールを守ることを忘れないようにします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 気になる美容と健康の話 , 2020 All Rights Reserved.