20歳をすぎたら、ビタミンC誘導体で老化防止とシミ・シワ対策

ビタミンC誘導体はシミ、シワ、二キビなどに効果的

ビタミンCを皮膚から吸収しやすくしたのがビタミンC誘導体

ビタミンCは水溶性のために、
そのままでは肌に吸収されにくく、
しかも、壊れやすい不安定な物質です。

このビタミンCを、
壊れにくく、肌に吸収されやすい形に
構造を変えたものが、「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、
体に浸透しやすい上に、皮膚の中に入ると酵素の働きで、
ビタミンCに変わる性質を持っています。

ビタミンCの抗酸化作用と還元作用がメラニン色素に働く

ビタミンCには、
酸化を抑制する抗酸化作用と
酸化した物質を還元する還元作用があります。

メラニン色素は、
本来は無色透明のチロジン物質が
酸化を繰り返して、褐色に変化したものです。

ビタミンCは、抗酸化作用でメラニン色素の生成を防ぎ、
チロジン物質が酸化してできたメラニン色素を還元して、
色を薄くします。

ビタミンCは、酸化されたチロジンの酸素を奪って、
ビタミンC自らは酸化されて別の物質になりますが、
各種酵素の働きで還元されて、再びビタミンCに戻ります。

ビタミンCの抗酸化作用は老化予防とニキビの炎症も抑える

このようにシミに効くことで良く知られたビタミンCですが、
その抗酸化作用は、老化予防やニキビの炎症を抑えるのにも役立ちます。

そこで20代になったら、
ビタミンC誘導体が配合された化粧水、
あるいは美容液を、毎日使うようにしましょう。

いつまでも若々しい肌を維持するために、
ビタミンC誘導体を肌に与え続けることをおすすめします。

 

より高い効果を望むならイオン導入の選択も

イオン導入でビタミンCの働きをアップ

色素沈着を防いで美白肌への効果が高いビタミンCならばこそ、
もっと肌への浸透を良くすることができれば、
美肌効果もさらにアップします。

そこで、ビタミンCが、
肌へより浸透しやすくなるように、
考えられた機器が開発されています。

ビタミンCは水に溶けると電気的にマイナスになるのを利用して、
電気的にビタミンCを、角質層へ移動しやすくする
イオン導入と言われている方法です。

多くの機器の場合、機器の一方のマイナス電極を顔に当て、
機器のもう一方のプラス電極を手で触って、
電極の間に6V~8Vの電圧をかけて使用します。

こうすることで、人の体は、
電気の導体ですので、
顔と手を結ぶ体の中を微弱電流が流れます。

肌の汚れを取る場合は、汚れが電気的にマイナスなので、
顔に当てる電極をプラスに、もう一方の電極をマイナスにして、
汚れが顔の電極側に集まるようにします。

このように、二つの電極にかける極性を反対にするだけで、
イオン導入と汚れのクリーニングを
簡単に切り替えて使うことができます。

皮膚科の学会でも、
イオン導入は高い評価を得ていて、
皮膚科でも利用されています。

イオン導入機器は安価で家庭でも使える

市販化粧品を使うタイプ、専用化粧品を使うタイプ、どちらも原理は同じ

イオン導入は、美容皮膚科で受けることができますが、
最近では、家庭でも手軽にイオン導入ができる機器が、
2万円以下の購入価格で販売されています。

家電メーカーが販売している市販の化粧品が使えるタイプ、
専用のビタミンC化粧品の使用をすすめるタイプの機器が有ります。

どちらのタイプも基本原理は同じですから、
一方が市販品の化粧品が使えて、
他方が専用化粧品でなければいけないという理由はないと思います。

なお、イオン導入に使う化粧品は、
必ずしもビタミンC誘導体を使う必要はなく、
純粋なビタミンCでも同様の効果があります。

ビタミンCは、抗酸化作用、還元作用のほかにも、
炎症を抑える作用、コラーゲンの生成に関する作用、
皮脂の分泌をコントロールする作用があります。

イオン導入は、美白だけでなく、二キビの炎症を抑えたり、
コラーゲンを増やしてシワを改善するといった
ビタミンCの作用をより高めることができます。

機器の使い過ぎにご用心

ビタミンCは、皮脂分泌をコントロールをする作用があります。
過剰のビタミンCは、皮膚表面の皮脂が減ることにつながるので
肌を酸性に保つのが難しくなります。

皮脂は、皮膚の表面を皮脂膜でコーティングし、
皮膚のつやと滑らかさを作り、皮膚を守ります。

ちなみに、肌の潤いを守っているのは角質層のセラミドで、
皮脂膜ではありません。

肌の保湿の寄与率は、セラミドが80%を占めていて、
皮脂膜は3%くらいといわれています。

最近は、イオン導入の効果を高めるために、
超音波振動を肌に伝える機種も発売されています。

効果が高いと言って、
イオン導入機器をを使いすぎるのは、禁物です。

弱い電流とはいえ、体の中に電気を通すので、
副作用も考えなくてはいけません。

また、超音波振動を皮膚へ加える問題点も
知っておく必要があります。

美顔器購入の前に知らないといけない5つのポイント

© 2020 気になる美容と健康の話